TOP
54.62score

liang

テックビューロ(mijin)とNEMによるアポスティーユ

テックビューロとNEMが、所有権が移転可能な世界初のブロックチェーン証明書発行ツール『アポスティーユ』を無償公開

2016年11月1日 テックビューロ株式会社 テックビューロとNEMが、所有権が移転可能な世界初のブロックチェ…
mijin

NEMアポスティーユはとってもPRが素敵です。何が素敵かというと、半年前にCatapultによって、事業体テックビューロとオープンソースコミュニティNEMが融合し、新しいエコシステムを構築したわけですが、その成果がやっと形となって、NEMとmijinの両方で稼働するオープンソースとして公開されることになった点です。

アポスティーユについてはトレストさんの記事を参考にしましょう。

NEMアポスティーユのホワイトペーパー日本語訳

NEMの新しいウォレット「Nano wallet」に新機能として実装された、所有権が移転可能な証明書をブロックチェーン上で発行できる世界初のツール「Apostille(アポスティーユ)」 その公式ホワ...
クリプトストリーム

特筆すべき点は、「Mijinのためのアポスティーユ」という点です。
「NEMのアポスティーユで稼働するアプリケーションはすべて、コードを僅かに修正するだけでMijin上でも稼働させることができる」という事は、今後提供されるDragonfly FintechとのACESでも同じことが言えるのかもしれません。
「アポスティーユの公証に使用されるMijinのプライベートなチェーンは、NEMのパブリックなチェーンにも備え付けることもできる」為、mijin上の記録をNEMにアンカリング(結びつける)することで、改ざんできず監査可能なサービスを構築することも可能です。

また、Catapultについては旧mijinの10倍の性能で稼働し、初の三層構造のブロックチェーン技術で、NEMフォーラムではblockchain2.0を飛び越えて3.0という言葉で説明されるほど期待されています。

NEMはChronobank、モバイルウォレット、マレーシアのNEM公式団体の設立、と来月にはベルリンでNEM Meetup(最近NEMはマレーシアの次にスペインが熱いですね)と着々と2017年に向けてXEM上昇の準備が整いつつあります。
また、ビットガールズの影響か徐々にpoloのXEMが減少し、zaifの保有数が増えてますね。

NEM Rich List

NEM Nodes - Rich List


(非公式のBlockexplore.inが消失したので、公式の方ですが、Top AccountsのXEMとPercentageが不正確です。)

しかし、日本人最強のXEM投資家のオラたまさんは、ここ数か月のXEM下落にもまったく動じていない。尊敬してます。

追伸:れしおさん、夢一乱さん、高野さん、NEM応援隊長さん、BokujyuUmaiさん、ピコさん、TETUJAPANさん、朝山社長、他たくさんの人に紹介していただきました。ありがとうございます。
来月のスーパーノード報酬UP予定にあわせて、SN三代(台)目の準備に取り掛からねば。ニッポンのSN勢の皆さん、0.6.82の期限は13(日)です。

NEM Supernode Rewards Program

Update your supernode(s) to version 0.6.82 Failing to do so will result in failed version test The r...
NEM Forum

.

最終更新日:2016-11-11 13:40

コメント (0)