TOP
55.38score

liang

NEMとmijinとZaifが切り開く、新たなICOプラットフォーム。その名はCOMSA

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

テックビューロはどうして革新的なICOプラットフォームを生み出すことが可能なのか。それは、去年のニュース、事業体:テックビューロとオープンソースコミュニティ:NEMが融合した新しいエコシステムの構築という「歴史に残る産物」が鍵を握る。

事業体テックビューロとオープンソースコミュニティNEMとの新たな融合への挑戦

この度、mijinで開発して来たブロックチェーンのコアエンジンをNEMと共有すると発表しました。オープンソースのプロダクトがコミュニティを形成していくという過程が通常見られる形態ですが、今回は既に2年...
by Takao Asayama 朝山貴生 2016-05-24 17:38

(知らないNEMberはぜひ読んで欲しい。COMSAにJaguarさんがいる!まったく表に出てこないので、今回コメント聞きたかった。)

僕はNEMのロゴに象徴される3つの理念と「一般の人に力を与える」PoIが好きで、XEMに投資したけど、もう一つの理由は、テックビューロにある。それはパブリック、プライベート両方のブロックチェーンを用途に応じて提供でき、かつ取引所を持っている。さらに、暗号通貨のコミュニティと融合できる企業は世界に存在しないからだ。

今回のCOMSAの驚くべき点はテックビューロのこの3つの強みを繋げた点だ。

COMSA

COMSAは実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するICOソリューションです。
COMSA

そして、COMSAの重要点は、「ビジョン」と「技術」にある。

COMSAはクリプト経済に一歩を踏み出せない企業や暗号通貨利用者、双方を繋ぐ為のかけ橋となり、結果的に暗号通貨:NEM(XEM)の利用拡大に繋がる。COMSAで使われるアトミックスワップはフィーとしてXEMの存在を気にすることなく、誰もがNEM上で商取引を執行することができる。

テレグラムでも分かるように、非中央集権の胡散臭い暗号通貨:NEMより企業が母体のCOMSAの参加人数が多いのも納得だし、小利口な人達が質問をしてお墨付き、安心を得たいのもわかる。でもCOMSAを利用する人はみんな徐々にNEMが好きになる。それは日本の社会システムと日本人の国民性にも由来するが、NEMは日本人に合っている。その架け橋をCOMSAが担う事になるだろう。

XEMを買い、COMSAという新たな経済ムーブメントの到来にワクワクしようではないか。

(続く)

追伸:
ふんみんさん、2代目トラキチさん、HMさん、bluethreeさん、XEMBookさん、回復して欲しい?さん、ねむぺぺ係長さん、鈴木謙介さん、さりーさん、tenkuさん、ryuuseさん、つっつんさん、エウレカNEMさん、NOWさん、丸野裕嗣さん、栄壱さん、@さん、ミチさん、ローズさん、タヌさん、トレストさん他たくさんの方記事の紹介ありがとうございます。

他の通貨は認めない、宗教対立のような暗号通貨界においてNEM/Mijinは他の通貨と手を取り合うとこがとっても素敵。

.

最終更新日:2017-08-28 00:31

コメント (0)